時効援用の費用が安い

 

時効援用の費用の相場について知っておきましょう!

 

時効の援用といっても普段はなかなかなじみのない言葉ですよね。
ましては時効援用にかかる費用となるとまったく想像つかないという方も多いのでは?

 

時効援用の費用については司法書士や弁護士事務所によって違いますが、ズバリ30000円前後が相場のようです。

 

延滞1件あたり3万円で過去の借金がなくなることを考えたら安いと考えて良いのではないでしょうか。

 

時効の援用とは、返済が滞ったまま長期間経過してしまった借金の返済義務をなくすことができる法律上の考えで、返したくても返せない弱者救済制度です。

 

手続き自体は個人ですることも可能ですが、専門家である司法書士事務所などに相談してサポートしてもらうのが安全確実な方法です。

 

時効にかかる費用についての相談はもちろん、あなたの借金が時効援用可能かの診断まで無料でやってもらえます。

 

法律知識にすぐれた経験豊富なスタッフにあなたの借金の悩みを解決してもらいませんか?

 

時効援用の相談は無料ですから、賢く利用して借金の請求に悩む生活から脱出しましょう。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

8年前に妊娠をきっかけに結婚した私たち。いわゆるデキちゃった婚ですが幸せに生活していました。ところが、今年になって結婚前に夫が借金をしていたことが発覚…。彼がギャンブル好きなのはもちろん知っていましたがギャンブルのために借金をしていたとはまったく知りませんでした(T_T)しかも、もう何年も返済していないらしい…。

 

そのことを知った日はショックが大きくてしばらく食事も喉を通らないほどに。しかも借金は数百万円も…。正直今の収入では絶対に返せません。子供もいますし、生活費だけでも大変なのに。貯金もわずかしかないし、お金の余裕なんてあるはずもありません。情けなくて親にも頼れないし、もう離婚したいとも思いましたがやはり子供のことを考えるとそれもできない。借金の返済の目途はまったくたっていない状態です。

 

悩んでいてもしょうがないので、夫と相談してネットで調べた司法書士さんに相談することにしました。自己破産や債務整理も覚悟の上で相談すると、最後の返済から長期間経っているので時効の援用ができるかもしれないとのアドバイスをもらいました。しかも費用もすべて含めて数万円ですむかもしれないと言われて本当に救われた気持ちになりました。

 

同じような状況の方がいたら絶対に早く専門家に相談してください。必ず借金解決のためのアドバイスがもらえると思います!!

 

借金の時効期間である5年間を無事に経過したすれば、何もしなくても借金がなくなるわけではありません。借金をしている相手に「返済する意思はありません」と伝える必要があります。通常は内容証明郵便を使って通知することで時効の援用を成立させることができるのです。もちろん個人でこの手続きを行うことも可能ですが法律上の手続きですので、安全確実に進めるにはやはり専門家にサポートしてもらうことがおすすめです。

 

返済の契約日や返済期日から商事債権の場合は5年、個人間の債権の場合は10年経過していると思っていても、時効が中断されている場合には借金を支払う必要があります。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

時効援用の費用が安い

 

債務の時効成立させるコトは簡単なことではありません。

 

借金の時効援用は条件が揃えば勝手に時効にできるワケではないうえに、時効援用が完成する条件を正しく知らないと失敗する可能性があります。

 

延滞し始めてから長い時間が経ってるしたぶん時効になっているだろうと思い込みだけで時効援用の手続きをすることは、失敗するリスクも高く、債権者から矢のような催促に悩まされることになりかねません。

 

長年延滞していた借金を帳消しにするには当然デメリットやリスクはあるものです。

 

ただし寝た子を起こさないとばかりに、借金を返済しないで放置していたらいいのかといえば、返済を迫られるリスクが高まるだけでメリットはほぼありません。

 

どうしてかといえば、相手側は借金の支払いが一切無いといった場合訴訟を起こすかもしれないですね。

 

時効の期間をむかえるまでの時間、借金自体は増え続けているのです。

 

仮に、50万円の借金5年ほったらかしにした場合、約110万円以上になることもあります。時効の援用に失敗したり時効期間の途中で回収業者に見つかってしまったら、当然借金全額の返済を迫られることになります。簡単に「逃げていれば、借金はチャラになるから大丈夫」などと考えるのは危険です。

 

時効援用によって借金が消えるかの見極めは慎重に行い、成功するようなら素早く手続きをして延滞中の借金を無くすのがベストといえるでしょう。

 

時効援用の費用が安い

 

時効援用するなら時効期間を正確に知ることが大切。

 

借りたお金を払わなくてもよくなるまでの期間は5年あるいは10年となります。

 

おおかたのケースでは時効期間は5年ということが多いのではないでしょうか。

 

これは借金の多くが消費者金融や銀行などの法人から借り入れていることが多いからです。

 

銀行やクレジットカードの支払い、家賃や携帯電話料金などの商取引による商事債権の時効期間は5年間。

 

親や親戚、友人などの個人間のお金の貸し借りや、奨学金といった民事債権と呼ばれるものは時効期間が10年と定められています。

 

時効期間が経過する5年間もしくは10年間、債務先や回収業者からくるの督促や返済要求のコンタクトを放ったらかしにししておけば借金が帳消しになるのかというとそのような容易なものではないのです。

 

時効援用の費用が安い

 

時効援用に慎重になる理由の一つに、時効が中断されていることがあります。

 

時効期間を経過したとしても、その5年または10年の間に次のような事実があると時効期間はリセットされ、はじめからカウントしなければいけなくなることがあります。

 

このことを、専門的な言葉では「時効の中断」といいます。また、その原因となる事柄を「時効の中断事由」といわれています。よく聞かれる代表的な例をいくつかあげておきますが、本当に中断の事由になってしまっているかの確認は専門家に判断してもらうのが良いでしょう。

 

時効の中断事由は大きく分けて3つあり、時効が中断されると時効期間はその場でリセットされ、再び時効期間が過ぎるのを待たなくてはいけません。

 

しかも中断事由によっては時効期間が10年になるというから慎重にならざるを得ませんね。

 

  • お金を借りている相手に訴訟を起こされてしまった
  • 裁判所から差し押さえ命令を受けてしまった
  • 時効期間中に一部でも借金の返済に応じてしまった

 

このような事実があり、相手方に証明されてしうと、時効が中断してしまうのでたとえ5年や10年を経過していても支払いの義務消えないので気をつけましょう。

 

時効の中断事由については、もうすこしつっこんで説明していきます。

 

請求とは債権者(金融会社など)が返済を求めて裁判所に訴えたり支払督促の申し立てをすることです。

 

簡単にいうと、裁判所に訴えられた時点で時効がストップされ、そのまま何の手も打たないと時効が中断されます。

 

例えば7年前からクレジットカード会社から延滞している支払いがあって、クレカ会社ばかりか裁判所からも特別送達で通知が郵送されてきていれば、答弁書や異議申立書を返送していない限り確定判決をだされ、時効期間は10年になります。

 

請求が成り立つのはあくまで裁判所からの送達で、クレカ会社から何度請求書や督促状が届いても時効の中断はおこりません。

 

特殊なケースとして、内容証明による催告書には時効期間を半年間停止させる効果があります。時効はストップしただけで中断はしませんが、停止期間中に金融会社が裁判所に訴えを起こす可能性があります。

 

裁判所に判決をとられた後に給料や財産の差押えがされると時効は中断します。

 

仮差押えや仮処分というのは、実際に裁判所の係員によって差し押さえされる前に差し押さえ品を売却・譲渡などができなくする措置のことなので、差し押さえの申し立てをされた時点で時効の中断がおこります。

 

債務の承認とは、未払いの借金で滞納分が残っていることを認めることを指します。

 

たとえば返済をもとめて債権者が連絡してきたときに、1000円でもいいから返済してくれと言われて振り込むことで債務の承認は成立します。

 

他にも「来月支払います」「入院しているので今は返済できません」「就職活動中で返せません」なんて金融会社からの電話に答えても認めたことになりますし、債権会社から借金を減額しますといわれたり、利子は請求しませんと言われて書類を交わしてしまってもアウトになります。

 

時効援用には上記の3つの中断事由をすべてクリアしていないと、時効援用の条件が満たせず失敗します。
中断のリスクを避けるなら、裁判所以外から返済の要求があっても時効援用するまで、債務者(支払いを延滞している側)は金融会社から連絡があっても無視し続けたほうがいいワケですね。

 

時効援用の費用が安い

 

金融業者などからの借金には時効があります。しかし、ただ単に時効期日を迎えたからといって返済の義務が自然に消滅するのではありません。時効によっての効果を手に入れるためには、自分自身で「時効になっったので、支払いの意思はありません」というような内容を、はっきりと相手に主張することで初めて時効の効果が得られることになります。すると返済義務が消滅します。

 

金融業者からの借金の契約書には時効の援用禁止の特約が記載されていることがあります。それでもその特約は無効になるのでご安心ください。

 

業者から借金したお金の時効期間は5年間です。たとえ時効の日になったとしても業者側から「時効になりました」と伝えてくるわけありませんね。司法書士などに相談してあなたの借金の時効援用の可能性を調べてもらうことが大事になります。

 

時効の援用方法は内容証明郵便を使った通知が基本です。口頭や普通郵便での通知では、内容および日付の証明が困難なので法律上の効力を得ることができません。必ず内容証明郵便を使うようにしましょう。

 

内容証明郵便というものは、「どんな内容をいつ郵送されたか」を、郵便局が証明してくれる郵便サービスとなっています。普通の郵便を配達証明付きで郵送すると、その書類が無事に到着したことは証明されますが、その内容までは証明できません。

 

普通郵便では時効援用の証拠にはつかえないのです。時効援用の通知には、借金の契約番号から契約年月日などの細かい情報が必要です。それらを用意して「時効の援用をする意思」を相手に伝える内容を記載するのです。

 

ご自身で内容証明を出す際にかかる費用に関しては以下のとおりです。

通常郵便物の料金
(定型25グラムまで)

82円

内容証明料金

430円

内容証明料

430円

配達証明料

310円

合計

1,252円

(速達料金)

280円

 

上記の内容証明郵便の費用が時効援用にかかる最低額です。約1500円ぐらいあれば時効援用の手続きはできるワケです。速達で送る場合は別途費用がかかります。

 

ただし、先ほども書きましたが時効援用には失敗する可能性がつきもの。

 

失敗を回避するためには、時効援用に詳しい専門家に頼ることもできますから、もし不安な点があれば頼ってみてもいいんじゃないでしょうか。