時効の援用にかかる費用について

時効援用の費用の相場について知っておきましょう!

 

時効の援用といっても普段はなかなかなじみのない言葉ですよね。
ましてはその費用となるとまったく想像つかないという方も多いのでは?。

 

各司法書士や弁護士事務所によって違いますが、ズバリ30000円前後が相場のようです。過去の借金がなくなることを考えたら安いと考えて良いのではないでしょうか。

 

時効の援用とは、返済が滞ったまま長期間けいかしてしまった借金の返済義務をなくすことができる法律上の考えです。
個人で手続きすることも可能ですが、専門家である司法書士事務所などに相談してサポートしてもらうのが安全確実な方法です。

 

費用についての相談はもちろん、あなたの借金が時効援用可能かの診断まで無料でできます。経験豊富なスタッフがあなたの借金の悩みを解決してくれます。時効援用の相談は無料です。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

8年前に妊娠をきっかけに結婚した私たち。いわゆるデキちゃった婚ですが幸せに生活していました。ところが、今年になって結婚前に夫が借金をしていたことが発覚…。彼がギャンブル好きなのはもちろん知っていましたがギャンブルのために借金をしていたとはまったく知りませんでした(T_T)しかも、もう何年も返済していないらしい…。

 

そのことを知った日はショックが大きくてしばらく食事も喉を通らないほどに。しかも借金は数百万円も…。正直今の収入では絶対に返せません。子供もいますし、生活費だけでも大変なのに。貯金もわずかしかないし、お金の余裕なんてあるはずもありません。情けなくて親にも頼れないし、もう離婚したいとも思いましたがやはり子供のことを考えるとそれもできない。借金の返済の目途はまったくたっていない状態です。

 

悩んでいてもしょうがないので、夫と相談してネットで調べた司法書士さんに相談することにしました。自己破産や債務整理も覚悟の上で相談すると、最後の返済から長期間経っているので時効の援用ができるかもしれないとのアドバイスをもらいました。しかも費用もすべて含めて数万円ですむかもしれないと言われて本当に救われた気持ちになりました。

 

同じような状況の方がいたら絶対に早く専門家に相談してください。必ず借金解決のためのアドバイスがもらえると思います!!

 

借金の時効期間である5年間を無事に経過したすれば、何もしなくても借金がなくなるわけではありません。借金をしている相手に「返済する意思はありません」と伝える必要があります。通常は内容証明郵便を使って通知することで時効の援用を成立させることができるのです。もちろん個人でこの手続きを行うことも可能ですが法律上の手続きですので、安全確実に進めるにはやはり専門家にサポートしてもらうことがおすすめです。

 

返済の契約日や返済期日から商事債権の場合は5年、個人間の債権の場合は10年経過していると思っていても、時効が中断されている場合には借金を支払う必要があります。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

時効の援用は慎重に。

借りたお金を払わなくてもよくなる経過期間は5年あるいは10年となります。おおかたのケースでは5年といことが多いのではないでしょうか。これは借金の多くが消費者金融や銀行などの法人から借り入れていることが多いからです。その5年間、債務先や回収業者からくるの督促や返済要求のコンタクトを放ったらかしにししておけば借金が帳消しになるのかというとそのような容易なものではないのです。債務の時効成立させるのは簡単なことではないことを知っておきましょう。当然デメリットやリスクはあるものです。

 

どうしてかといえば、相手側は借金の支払いが一切無いといった場合訴訟を起こすかもしれないですね。時効の期間をむかえるまでの時間は当然滞納していることになるので借金自体は増え続けているのです。

 

仮に、50万円の借金5年ほったらかしにした場合、約110万円以上になることもあります。時効の援用に失敗したり時効期間の途中で回収業者に見つかってしまったら、当然借金全額の返済を迫られることになります。かんたんい「逃げていれば、借金はチャラになるから大丈夫」などと考えるのは危険です。

 

注意!時効が中断している場合がある。

時効期間を経過したとしても、その5年または10年の間に次のような事実があると時効期間をはじめからカウントしなければいけなくなうことがあります。

 

このことを、専門的な言葉では「時効の中断」といいます。また、その原因となつ事実のことを「時効の中断事由」といわれています。よく聞かれる代表的な例をいくつかあげておきますが、本当に中断の事由になってしまっているかの確認は専門家に判断してもらうのが良いでしょう。

 

  • お金を借りている相手に訴訟を起こされてしまった
  • 裁判所から差し押さえ命令を受けてしまった
  • 時効期間中に一部でも借金の返済に応じてしまった

 

このようおな事実があり、相手方に証明されてしうと、時効が中断してしまうのでたとえ5年や10年を経過していても支払いの義務消えないので気をつけましょう。

 

時効援用の費用などについて

時効援用 男性イラスト

金融業者などからの借金には時効があります。しかし、ただ単に時効期日を迎えたからといって返済の義務が自自然に消滅するのではありません。時効によっての効果を手に入れるためには、自分自身で「時効になっったので、支払いの意思はありません」というような内容を、はっきりと相手に主張することで初めて時効の効果が得られることになります。すると返済義務が消滅します。

 

 

金融業者からの借金の契約書には時効の援用禁止の特約が記載されていることがあります。それでもその特約は無効になるのでご安心ください。時効の援用方法は内容証明郵便を使った通知が基本です。口頭や普通郵便での通知では、内容および日付の証明が困難なので法律上の効力を得ることができません。必ず内容証明郵便を使うようにしましょう。

 

業者から借金したお金の時効期間はは5年間です。たとえ時効の日になったとしても業者側から「時効になりました」と伝えてくるわけありませんね。司法書士などに相談してあなたの借金の時効援用の可能性を調べてもらうことが大事になります。

 

内容証明郵便というものは、「どんな内容をいつ郵送されたか」を、郵便局が証明してくれる郵便サービスとなっています。普通の郵便を配達証明付きで郵送すると、その書類が無事に到着したことは証明されますが、その内容までは証明できません。

 

時効援用の証拠にはつかえないのです。時効援用の通知には、借金の契約番号から契約年月日などの細かい情報が必要です。それらを用意して「時効の援用をする意思」を相手に伝える内容を記載するのです。

 

時効援用 男性イラスト2

その他の注意点は、無事に時効期日がむかえられたとして時効成立の条件がそろった場合でも、過去に借金の存在を認めるような行為をしてしまい、それを証明されてしまったら、時効そのものが中断してしまうということ。例えば、「返済を少し待ってほしい」というような電話を録音されていたらそれは時効の中断の可能性があります。気をつけましょう。

 

 

時効の援用手続きを、弁護士や司法書士にお願いするとの費用の相場に関しては、約20000円から50000円となると想定されます。他に内容証明郵便などの実費が追加されることもあるので事前に確認しておいた方がよいですね。

 

万が一時効が成立できなたった場合に、そのまま任意整理や自己破産に移行する場合は、時効援用の依頼料金を新たな費用の一部として充当してくれることも多いです。

 

あきらめずに相談してみましょう。