時効援用を弁護士に頼んだときの費用と依頼方法

弁護士費用001

 

時効援用を弁護士に頼む費用と依頼方法がわかる!5年以上放置していた借金の時効を弁護士に頼むのに費用の相場が分からないと不安ですよね。このサイトでは時効援用にかかる費用の相場と依頼方法を紹介しています。

 

5年以上返していない借金は時効にできる可能性がありますが、ただ支払いしないで放置していただけでは時効成立した後も返済義務は消えません。

 

借金を時効にして返さないですませるには時効援用という手続きが必要になります。

 

とはいえ借金の時効が成立してるかも分からないし、時効援用の手続き方法も知らなくて…と諦める必要はありません。

 

弁護士事務所に依頼することで、あなたが何もしなくても時効援用の手続きをミスなくすすめてもらえます。

 

でも弁護士に頼むなんてお金がかかりそうと思ってませんか?

 

このサイトでは時効援用を弁護士に頼む際の費用相場と依頼方法を解説します。

 

また、万が一時効援用に失敗したときの対策方法や悪質弁護士にひっかってしまった時の対処方をお教えしています。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

借金の時効は手続きしないとダメ

弁護士費用002

 

借金を時効にして返済から逃げるには時効援用の手続きが必要です。

 

例えばクレジットカード会社や消費者金融、銀行などの金融会社から借り入れしたら時効期間は5年。

 

返済をしなくなって5年が過ぎていたら時効が成立しますが、時効援用をしなければ返済義務はそのまま、貸金業者からの請求も止まることはありません。

 

例えばそろそろ家でも買おうかな。家族用の車でも欲しいなんて考えてるときに、キャッシング会社や消費者金融から昔の借金を返せと請求され、一括で返済しなければ法的措置をとると言われたら…。

 

時効援用をすることで元金も利息も遅延金も払わなくてすみ、夢のマイホームもマイカーも諦めなくてすみます。

 

時効援用はあなた自身でも手続きできますが、弁護士事務所のような法手続の専門家にまかせることでミスなく行えます。

 

でも弁護士に頼むと高額の依頼料や成功報酬を払うことになって損しないかと疑問もでてきますよね。

 

多分あなたが予想してるよりも費用が安く時効援用を依頼することができますよ。

 

時効援用を弁護士に頼む費用

弁護士費用003

 

時効援用手続きを弁護士に依頼すると弁護士費用はどのくらいかかるのでしょうか。

 

弁護士費用は事務所ごとに決められているので○○円ですと一言では言い切れませんが、費用の相場は時効援用先1件につき30,000〜50,000円になります。

 

費用の支払い方法も事務所によりますが、依頼費用は分割払や後払い、カード払いなど支払い方法を選べることがほとんど。

 

高いと思うかもしれませんが、任意整理や過払い金請求、自己破産などの債務整理よりも安いですし、何より時効が中断されず成立しているかの確認を含めての費用ですから、あなたは依頼するだけで過去の借金が消えるメリットは見逃せません。

 

それにいきなり弁護士に依頼する必要はありません。電話相談をした後で依頼するか決めてもかまわないんです。

 

弁護士に依頼する前にまず相談を

弁護士費用004

 

弁護士に時効援用を頼む前にまず相談してみることをオススメします。

 

先に相談することで時効援用できるかアドバイスをもらうだけじゃなく、どこに依頼するのかの判断材料にもなりますからね。

 

近頃は法律事務所が開設しているフリーダイヤルの電話窓口もありメールでの相談も受け付けていますから、ネットで検索して相談窓口を探してみてはいかがでしょうか。

 

法テラスや弁護士事務所に直接予約して相談することができますが、相談費用が必要だったり予約時間が限られている、平日のみの受付、休日は相談できない点があり利便性が高いとは言いにくいんですよね。

 

弁護士の相談窓口なら電話受付時間が長く、中には24時間年中無休の無料窓口もあり、あなたの時間がある時に気軽に相談できます。

 

家族に内緒で解決したいなんて人なら、家に家族がいない時間を選んで相談したり、仕事の合間や終わった後に時間があれば話を聞いてもらえます。

 

相談は複数の窓口に

弁護士費用005

 

時効援用の相談をするなら複数の事務所に相談してみましょう。

 

相談したからといって依頼しないといけないキマリはありません。

 

弁護士に相談する際は費用についても話を聞いておくと、後でどこに頼むか決めるときの指標になります。

 

弁護士への依頼方法について

弁護士費用006

 

弁護士に依頼する方法は上にも書きましたが、まず相談してみて信頼できると感じたところに受任してもらいましょう。

 

選ぶポイントとしては

  • 相談時の対応がいい
  • レスポンスが早い
  • 依頼費用も相場の範囲内

上記の3点をチェックしてあなたが合格だと思ったところに依頼してみることをオススメします。

 

相談時に上から目線で答えるような事務所は手抜き仕事をしてくるかもしれませんし、他の相談先を知っていたら頼みたいとも思いませんよね。

 

相談したのに弁護士から何日も連絡がなかったり、質問しても答えがなかなか出てこないようなら避けた方がいいでしょう。最初の対応が遅いと仕事の進み具合も遅れ気味になる可能性が高いです。

 

時効援用の費用についても聞きにくいかもしれませんが、きちんと質問しておきましょう。

 

依頼費用の他に成功報酬が別に設定されていたり、内容証明などの費用が別払いじゃないかを確認しておきましょう。借金の時効援用にかかるトータル費用が3万〜5万円の相場内におさまる事務所を選ぶべきです。

 

とはいえ、条件の合う弁護士を延々探し続けては本末転倒。3カ所なら3カ所と相談先を決めて、一番条件を満たしていたところに依頼するのをお薦めします。

 

時効が失敗していた場合の対策とは

弁護士費用007

 

時効援用に失敗した時の貸金業者対策はすばやく弁護士に相談すること。

 

時効援用後に債務者(金融会社)からの請求が繰り返されるようなら、時効援用に失敗している可能性は高いです。

 

銀行や信金、ローン会社があなたの現住所や連絡先を知ったことで、あなたを裁判所に訴えられる可能性もあります。

 

すぐに弁護士に相談して対策しましょう。

 

失敗時の状況や対応により債務整理や個人再生の手続きを進めるなど、あなたの状況に合わせた対策方法を提案してもらえますよ。

 

弁護士とトラブった時の対処方

弁護士費用008

 

弁護士に高額の費用を請求されたり、何週間待っても何の連絡もないなんてトラブった場合の対処方をお教えします。

 

残念ながら弁護士のごく一部ですが、高額すぎる費用を請求したり、仕事もせずに解決したとウソをついて報酬を要求する弁護士は存在します。

 

あなたが依頼した弁護士が悪徳弁護士だったとしても泣き寝入りなんてしてはダメ!

 

法律知識がなくてもきちんと対処してもらえる方法はあります。

 

それが弁護士会(日弁連)や法テラスに被害を訴えること。

 

被害を伝える際には法律事務所名と弁護士の氏名、登録番号、トラブル内容をメモして手元に置いておくといいですよ。

 

また日本弁護士連合会に弁護士トラブルの対策方法も書かれていますので参考にしてみてください。

 

まとめ

弁護士費用009

 

時効援用を弁護士に頼んだ際の費用や依頼方法を説明してきましたが、最初に思ったより安かったんじゃないでしょうか?

 

弁護士に時効援用を頼むメリットは時効期間をきちんと確認してもらえることもありますが、弁護士に頼んだという安心感も見逃せません。

 

債務者本人が時効援用した人と話をしてみたときに、時効援用する前ばかりじゃなく、郵便窓口に援用通知をだしてからも夜中に起きるなど不安でしょうがなかったと聞いたことがあります。

 

弁護士に頼んだからといって全ての人が不安が解消するとはいいませんが、弁護士に頼まないで自分だけで悩んでいたらムリをしてでも返済する方法を探してたはずなんて言っていた方もいます。

 

行きたい旅行先はありませんか?買いたい物はありませんか?

 

時効援用によって過去の借金を返さないですませられることで、あなたの将来の夢をかなえる費用が捻出する余裕がつくれるかもしれませんよ。