時効の援用は内容証明が確実な理由

時効の援用内容証明001

 

昔の借金は時効の援用手続きで解決しよう!5年以上経過した借金なら時効援用手続きで支払い義務がなくなります。時効の援用は内容証明郵便が確実ですね!

 

昔の借金で請求書が届いたら内容証明を使った時効の援用手続きで対処しよう。

 

時効の援用とは「自分の借金は時効だから払わない」と相手(債権者)に伝えることです。電話など言葉で伝えても良いのですが後々、言った言わない聞いてないとトラブルになりがちなのでしっかりと証拠の残る方法、それが内容証明郵便です。

 

借金時効の条件である時効期間と中断事由を確認し、条件を満たしていれば自分で内容証明郵便を利用して時効援用すればコストも安い!

 

ここからは自分で内容証明郵便を使った時効の援用手続きについて解説していきますね

 

時効の援用手続きで内容証明郵便はなぜ確実なのか?

時効の援用内容証明002

 

時効の援用手続きをするなら内容証明と言われるワケを説明すると、後々のトラブル率が段違いに低いから。

 

本来は時効援用は内容証明で送らなくても、一般郵便や電話での援用によって時効は完成します。

 

ただ「時効援用通知が時効の成立前に送られてきたから無効」「時効の援用の連絡なんて受け取っていない」と消費者金融やキャッシング会社などの貸金業者がゴネて時効の援用をなかったことにされるケースが後を経ちません、

 

金融会社からしたら、時効の援用の連絡なんてきてないと主張すれば、時効がなかったことになり貸したお金が取り戻せると必死です。

 

時効援用後に争いが発生したときには、
時効援用通知をいつ送ったのか、確かに受け取ったのかが争点になります。 
内容証明郵便なら、送り先や日付、文書の内容が郵便局に保管されるので、金融会社がウソをつこうとしても確実な証拠が残るので時効援用は内容証明で送るのがなかば常識のような形になっているんです。

 

 

では次にあなた自身の手で時効援用する方法を説明していきましょう。

 

自分でできる時効の援用手続きの流れ

時効の援用内容証明003

 

時効の援用はあなた自身の手で行ったときの時効援用するまでの流れにそって説明していきますね。

 

当然、時効期間が過ぎていていることは確認済みなのは前提だとします。

 

まず時効援用には貸金会社に時効の意思を伝える通知書をつくる必要があります。

 

時効の援用通知の雛形

時効の援用につかう通知書を作る際には、パソコンがあれば雛形をダウンロードして利用することをオススメします。

 

「時効援用」「書き方」などで検索すれば文例やテンプレートが見つかるハズ。エクセル形式の他、テキスト形式もありますから、あなたの自宅環境に合わせて選択を。

 

無料のテンプレートを利用すれば、日付や債権者の会社名・住所・契約番号といったデータを時効の援用したい借金の内容に合わせて書き換えるだけでオッケー。

 

契約番号や契約した日付などは、お金を借りたときの契約書や請求書・督促状に書かれているので参照しましょう。

 

事故援用通知書を書く注意しなければいけないのが、内容証明では便せん1枚に書ける文字数が決められていること。

 

内容証明の文字数制限

縦書きの場合

横書きの場合
・1行20字以内、1枚26行以内

・1行20字以内、1枚26行以内

・1行13字以内、1枚40行以内

・1行26字以内、1枚20行以内

 

文字制限に引っかかると、郵便局で受けとってもらえないので注意が必要です。

 

内容証明に使う用紙・封筒について

用紙に関しては特に決まりがないですが、A4もしくはB5の紙を準備しましょう。プリンターで印刷するならA4用紙が無難です。

 

手書きの場合、普通の便せんでもかまいませんし文字数がわかりやすいよう原稿用紙も使用できます。内容証明郵便専用の用紙もありますが、同時に何社も相手に時効の援用をするのでもない限りわざわざ買う必要はないかもしれません。

 

筆記具は書き換えできないようボールペン等を使用してください。シャーペンや鉛筆などは避けましょう。

 

封筒も普通に使用される定型の封筒で十分。表に送り先の住所や会社名を書いて、裏は差出人の氏名、住所、郵便番号を書いておきます。封筒に書く差出人、受取人の名義、住所は通知書と同じように書いてください。

 

内容証明郵便を送る時は

内容証明を送るときには時効援用通知書を同じ文面で3通準備してください。

 

印刷なら3枚プリントしてもいいですし、手書きの場合は1通書いて残り2通はコピーでかまいません。

 

通知書の中身を郵便窓口で確認するので、封はまだしないでくださいね。

 

全てを持ったら、県内の大きな郵便局の窓口に持って行きましょう。もよりの小さな郵便局だと内容証明の取り扱いをしておらず受け付けてもらえません。

 

郵便局のホームページでは内容証明郵便を受け付けている郵便局を検索できます。

 

↓ ↓ ↓
郵便局の検索ページがこちらです。

 

内容証明郵便にかかる費用

内容証明郵便の郵送は便せん1枚の場合、1,252円です。便せん+1枚につき追加で260円がかかります。

 

速達で送る場合は速達料金は別にかかります。

 

時効の援用前には時効期間が過ぎているかを確認してくださいね。

 

借金の時効期間とはいつから数えて5年なのか?

時効の援用内容証明004

 

借金の時効期間は最後に返済した日の次の返済日の翌日からスタートして5年間。

 

銀行(貸金業を営む農協や漁協も含む)やクレジットカード会社、消費者金融の他、債権回収会社に債権が引き取られていても時効期間の開始日は変わりません。

 

ただし時効の中断に引っかかると時効期間がリセットされます。せっかく時間が経っても一瞬でパアになってしまうのはもったいない。

 

時効の失敗する原因は中断事由にあり!

時効の援用内容証明005

 

時効の失敗する原因のほとんどが中断事由に引っかかっていたこと。

 

例えば1円でも返済してしまえば、最終返済日が変わるので返済期限は後ろにズレます。

 

お金を払っていなくても「借金があることを認めてしまう」と時効期間はリセット。

 

例えば請求書に法的措置をとると書かれていたので、急いで連絡したらまず時効の中断に引っかかってます。

 

貸金業者はお金を貸すとともに回収の専門家ですから、電話なんてしたらうまいこと誘導されて時効が中断されてしまいますよ。

 

他にも裁判所に訴えられて債権名義をとられた、支払督促が申し立てられていたら時効期間は10年になりますからご注意を。

 

不安なときは専門家に相談しよう

時効の援用内容証明007

 

時効の中断を知ると、本当に時効の援用に失敗しないか不安になるかと思います。

 

そんな時には時効手続きに詳しい専門家(弁護士・司法書士)に相談して力を借りて解決を目指しましょう。

 

近頃はフリーダイヤルを設置している無料の相談窓口も多数ありますから、匿名で電話やメール相談してみてください。

 

失敗をおそれて何の行動もしないと、いつあなたのもとに裁判所からの通知が送られてくるかもしれません。

 

特にずっと送られてこなかった請求書・督促状が送られてきたのなら、訴えるかどうかは債権者の胸先三寸。ヘタに行動されるよりも先手を取って、あなたから行動する方がいい結果を引き寄せられるでしょう。

 

まとめ

時効の援用内容証明006

 

自分でおこなう借金の時効援用は費用も安く確実性の高い方法ですね。

 

時効期間の確認や中断事由に当てはまっていないか必ず確認してから内容証明を作成しましょう。

 

時効援用前の確認さえしっかりできれば、あとは内容証明を送るだけで過去の借金から解放されること間違いなし。

 

賢く無料のサービスを利用することで成功を勝ち取ってくださいね。